運転手の仕事は派遣登録して探す方法もあり!

派遣運転手とはどんな働き方?

派遣会社に登録し、指定された派遣先で運転手としての仕事に従事するのが「派遣運転手」です。仕事内容は派遣先によって異なり、運転するのも自動車とは限りません。バスやトラック、またフォークリフトなどの車両も対象になります。雇う側にとって派遣運転手は、即戦力なので教育コストがかからない、?盛期のみ利用出来るといったメリットがあり、非常に重宝する存在となっています。

派遣運転手として働くメリット

派遣運転手として働く場合、あらかじめ派遣会社に働く時間帯や曜日、日数などを伝えておくと、その条件に合わせた派遣先を紹介してもらえます。つまり子供との時間を大切にしたい、親の介護で働く時間が限られているなど事情を抱えている人でも、自分のライフスタイルに合わせて無理なく働けるという訳です。また自分で求人を探して面接を受けに行く手間が無くなるのもメリットと言えます。ある程度の希望条件に合った職場で働けるので、仕事を始めてから「こんなはずでは無かった」とミスマッチが起こるリスクも減らせるのです。

派遣運転手として働く上での注意点

一度派遣会社に登録すれば、後は仕事の紹介を待つだけとなりますが、派遣登録は意外と手間がかかるかもしれません。履歴書など必要書類の提出や、運転手としてのスキルを確認してもらうために何度か派遣会社に足を運ぶ必要があります。また派遣先がどれだけ居心地の良い職場であっても、契約満了となれば働き続ける事は出来ません。そして次の仕事がなかなか見つからない可能性もあります。コンスタントに仕事を紹介してもらうためにも、あまり条件を細かく設定し過ぎず、とにかく運転手としての経験を積んでいった方が賢明です。

運転手の派遣求人は、荷下ろしのような軽作業を伴う配達ドライバーや、お店から依頼者宅までの送迎ドライバーなどがあります。