自営業を始めるときに大事なこと!顧客と仲間を作る!

営業をして顧客を集めておく

自営業を始めるときには、顧客へ営業をしておくことが大事です。自営業を始める前から顧客を見つけておけば、始めてすぐに売り上げになります。そのためには、自営業を始める前に顧客へ挨拶をしに行くといいでしょう。自営業の顧客はそれまでに付き合いのあった、取引先がそのまま顧客になるケースが多いです。そう考えると、顧客への挨拶は欠かせないです。特に信頼関係を築いている顧客であれば、独立してもそのまま仕事を依頼する可能性は高いです。また、顧客は複数いると、安定して稼げます。1つの取引先だけでは波があって、売上が安定しない可能性があるのです。3社以上の取引先があれば、売上は安定します。

仕事の仲間を作っておくこと

自営業では仲間は大事なポイントです。仲間は忙しいときに手伝ってくれるだけの存在ではありません。自営業の仲間は暇なときに、仕事を回してくれる存在でもあるのです。仲間がいないと、大きな仕事を受注することができず、大きな売上を得られない可能性があります。特に得意先からの仕事であれば、断るのはもったいないでしょう。そうならないために、仲間を作っておくことが重要なのです。また、仲間が忙しいときには顧客になることもあります。大きな仕事があるから手伝ってくれ、ということはよくあるのです。また、仲間がいると効率的に仕事ができるケースもあるでしょう。仲間に仕事を任せて自分は他の仕事をすると、売上は仲間の分だけ増えます。この方法であれば、自営業でも売上を自分が働いた以上に稼ぐことができるのです。

フランチャイズとはビジネスに必要な商標や各種のノウハウを、本部が金銭と引き換えに加盟社に提供するシステムのことです。