プライバシーを守るために大事なこと!情報管理は自分にしかできない!

オフラインで個人情報を守る

プライバシーを守るために大切なこととして、個人情報を出さないことが大事です。街角アンケートなどを書く機会があるかもしれません。しかし、その情報をどう使われるかは分からないことが多いです。そのようなケースで個人情報を記入するというのは危険です。見ず知らずの人にプライバシーを公開しているのと同じでしょう。また、個人情報が書いてある紙などをそのまま捨てるのも問題があります。個人情報が書いてあるものは、裁断してから捨てる方がいいです。誰かに見られていることを考慮すると、個人情報がわかる状態で捨てるのは危険なのです。ごみだからといって、誰も見ていないとは限りません。どこかで誰かが見ていると考えておけば、プライバシーを守れます。

インターネット上でもプライバシーを守る

インターネット上で個人情報が公開されると、プライバシーを守るのは難しいです。そのため、始めから個人情報を公開しないようにすることが大事です。インターネット上で安全な場所はありませんので、個人を特定されるような情報を載せないように心がけましょう。例え、友人のサイトだとしても、ハンドルネームを使い個人情報を出さないだけでも効果があります。また、交流サイトに限らず、アンケートや景品がもらえるサイトなどは個人情報を書き込む可能性があります。メールアドレスを含む個人情報は、本当に必要な時以外は教えないことが重要です。景品がもらえるサイトだとしても、信用できるサイトにだけ情報を公開しましょう。

機密文書とは外部に知られると関係者に不利益が生じる情報を含む文書で、秘密を保持する必要性がある書類のことです。